パンの美味しい食べ方・保存方法

 焼きたてのパンが美味しいのは言うまでもありません。
 特にクロワッサンやデニッシュ、フランスパンなどは、遅くてもその日の夕方までには、お腹の中に片付けてしまうのがよいでしょう。あんぱん類ももちろん、10時にお店が開くと同時に買って、帰り道歩きながら召し上がるとよいでしょう。地粉パンも焼き上がりの時間を狙って、紙袋に詰めて帰り、そのままお昼にしてしまうとよいでしょう。

 では、それが不可能な場合。
 完全にさめてから、蓋のある箱―缶でもプラスチックでも箱の匂いの移らないものに入れて置いて、なるべく早く召上がって下さい。箱が無ければ、皮は柔らかくなりますが、ビニール袋でも結構です。召し上がる前に軽く焼くと焼きたてに近いものになります。オープントースターで焼くことが多いと思われますが、フライパンで焼くのも美味しいものです。蓋をして焼けば乾燥焼きをふせげます。また、固くなったパンを蒸すと、もちもちと柔らかくなりまた違った食感で美味しく召し上がれます。
 ライ麦や全粒粉が入ったパンや、ドライフルーツやナッツの入ったパンは、焼きたてはもちろん美味しいですが、焼いてから少し日がたつと生地が落ち着き味に深みが出て、これがまた美味しいので、お好みのタイミングでどうぞ。もっと日をおいて召上がる場合、1日2日でしたら冷蔵でもかまいませんが、それ以上置くのであれば、冷凍してしまう方がよいでしょう。
 スライスして、1枚づつラップにしっかりくるみ、冷凍保存用の厚手の密封袋に入れて冷凍すると、少しづつ取出し易く便利です。小さいパンでしたら密封袋にいれ、中の空気をよく抜いて冷凍します。いずれにしても、のんびり冷凍は味を損なうので、急冷凍が好ましいです。冷凍室から出したパンにさっと霧を吹いてトーストすると、美味しく召し上がれます。保存期間は、冷凍といっても家庭用の冷蔵庫では、1カ月位までをめやすにするのが無難でしょう。



●材料(直径6センチ位のココット型5個分)
ナッツフルーツ(ライ麦・全粒粉の生地に、胡桃・伊予柑ピール・カレンズが入ったスティック状のパン) 1/8本分、牛乳 250cc、洗双糖 50g、卵 2個、ラムレーズン(ラム酒に漬け込んだ干しブドウ) 15粒
※洗双糖(せんそうとう):サトウキビから作られます。精製・漂白などの処理をしていませんので、カルシウム・鉄分などのミネラルがそのまま生きています。特にカルシウムは上白糖の50倍。味がまろやかで香りが断然違います。実は洗双糖は国産小麦・天然酵母との相性はバツグンです!

●作り方
1. 牛乳に洗双糖を分量の1/3くらい入れ、人肌くらいまで温めます。
2. 卵をわり、残りの洗双糖を入れてよくほぐし、1を入れてよく混ぜ合わせ、裏ごしして泡を取ります。
3. ココット型1個につきラムレーズン3粒を入れ、2をココット型に底から1センチづつくらい入れます。1センチ角くらいにカットしたナッツフルーツを入れて、全体がなじむように10分程置いておきます。
4. 2の残りを3の型に分けてかけ、お湯を張ったバットに並べてオーブンに入れ、150度で25分焼きます。
5. 冷めてから密閉容器に入れて、冷蔵庫で冷たくしていただきます。
地粉パンやフランスパン、ブドウパン、カンパーニュといったお好みのパンで試してください。
 



●材料(1皿分/2cm程度の厚さに斜め切りにしたものバケット2切れ)
※固くなったものがより美味しいです
卵 1個、牛乳 30cc、洗双糖 5g、生クリーム 10cc、バター 適宜、シナモンシュガー 適宜、メープルシロップ 適宜

●作り方
1. 底が広めのボールに卵1個を割りほぐし、洗双糖と牛乳、生クリームを入れ泡立て器でよく混ぜます。
2. バケット2切れを1に浸し、裏返しながら2分程度十分浸します。
3. フライパンを熱くし、バターを溶かして少しキツネ色になったところで、2のパンをフライパンに入れ、ボールに残った液をパンにかけます。
4. 火を弱めて蓋をし、30秒程して片面が色よく焼けたら裏返し、火を強めにしてもう片面もきつね色に焼く。
5. 好みでシナモンシュガーやメイプルシロップをかけていただきます。
バケットのフレンチトーストは美味しいですが、固くなったぶどうパンなどもgood!
 



●材料(サンド2個分)
フォカッチャ 1枚、レタス3枚、ルッコラ 3〜4本、にんじん(うすくスライスしたものお好みで!)、スライスたまねぎ 適宜、スライストマト 適宜、すじなしいんげん 数本、ズッキーニ 適宜、オリーブオイル 適宜、塩・コショウ 適宜
●作り方
1. フォカチャを真横からパン切りナイフで2枚にスライスします。
2. すじ無しいんげんはまるごと、ズッキーニは8ミリくらいの輪切りにして、オリーブオイルでソテーし、塩・コショウで味を調えます。
3. フォカッチャの下の部分にオリーブオイルを振りかけ、軽く塩をふり、水気をよくきったレタスを敷きます。スライスたまねぎ、塩、スライスしたにんじん、オリーブオイル、スライストマト、ソテーしたズッキーニ、ルッコラ、ソテーしたいんげん、レタスといったように野菜を載せ、最後にフォカッチャの上の部分を載せ軽く押してなじませます。
野菜を載せるとき、細長い野菜の並べる向きを揃えておきましょう!サンドしたものを切る時は、断面がきれいに揃うように並べた野菜の向きを考えて切りましょう。
パンにぬるものはオリーブオイルの他に、ひよこまめのディップや豆乳マヨネーズも合います。
 
 


ラパン ノワール くろうさぎ
〒368-0033 埼玉県秩父市野坂町1-18-12
TEL:0494-25-7373 FAX:0494-25-7372